毎日下痢気味-大幸薬品と芸能と私-

LL COOL J太郎 (a.k.a 三代目 J SOUL 魚武濱田成夫)

9月文楽公演

第一部の祐仙といい第二部の妖狐といい勘十郎フェアな食欲の秋。

朝顔の萩の祐仙は二代目の当たり役だったし、妖狐ちゃんは狐大好き勘十郎さんの狐愛溢れまくりで勘十郎さん大奮闘です。

生写朝顔話も玉藻前曦袂も平成27年に大阪でやったばかりだしその時と配役そんなに変わってないから演者の出来が全体的によかったんだけど、その分面白味は失われてる。 

そして玉藻前はショーとしては見応えあるけど文楽の面白さが味わえたかというと、うーん…ってとこ。加賀見山観た時の面白さとは全く種類が異なった。ワイ将はモチのロンで加賀見山の方が好き。

 

第一部

生写朝顔

宇治川蛍狩りの段

・小住さんの語りが柔らかくて優しかった。いいね。

・錦吾さんの髪型のモボモガみ。

・「せせら笑い」言うてる三輪さんがめっちゃかわいい笑顔。それせせら笑いちゃう。

・玉男さんのぱっと見何考えてるかよくわからないいい男感。

・一輔さんの娘、安定の生娘っぷり。

・玉延さんの悪役の「こいつ本当は悪いことできない」感。

明石浦船別れの段

・津駒さんイマイチだったなー。最近どんどん悪くなってる気がする。

・寛治さんの三味線って美しくて優雅なのにその場面をドラマティックにする。なんなの。

・勘介さんのイチャつく二人の横で気を使って存在感消しつつもめっちゃ二人のこと気にしてるみの表現上手い。

・初日は余計な拍手する人がいなくて快適に鑑賞できる。

浜松小屋の段

・初日の呂勢さんは良くもなく悪くもない。(ワイが呂勢さんの髪型に気をとられて集中できなかっただけかも)

・呂勢さん体調崩してる。

・清治さんの三味線久々がっつりよかったー!

・俺推測だと同時に尾上の会で三味線弾いてた事も良い方向に作用してたのでは。

朝顔ちゃん前の段から10kgぐらい痩せてる。(ように見える簑助さんの上手さ)

・この話、話すとき簑助さんと和生さんの人形の顔が近くてドキドキした。このトキメキはなんと言えばいいのか。GL?

嶋田宿笑い薬の段

・芳穂さんと清丈さん、初日からトップギア

・チャリ場の咲さん × 祐仙を遣う勘十郎さん = 無敵

・大阪では文字久さんで聴いたけど咲さんの方が自然に笑わせてくれる。

・咲さんがたった1週間で驚くほど老けたんだけど…。

・ガチで死相が出てて、盆がまわった途端「うわぁぁぁ…」てなった。

宿屋の段

・またスヤったー!俺スヤったー!

・覚醒してた限りでは今月の團七さんは良い方の團七さん。

・聞こえない呂 × 動かない玉男 = 地獄

・紋臣さんのお鍋ちゃんの「器量は悪いがモテる」感。

・清十郎さんの遣う朝顔ちゃんめっちゃ興奮しすぎて杖バギーなってた。(折れたところ持ってフォローしてたけど)

大井川の段

・靖さんも今月なかなかいい。

・第1週目→第2週目で1番進化してたのは靖太夫の語りでした。

・文司さん、なんかいい男ね。

・勘壽さんとか玉志さんとかが最期まで良い人のまま死にゆく姿、胸が痛む。

第二部

玉藻前曦袂

清水寺の段

・床なー…。

・南都さんは武士のほうが新宿コマ劇場感薄れていいのかも。

・文字栄なにいってるかわかんねーよ。

・碩太夫さんぷりぷりかわいい。息子にしたい。

・勘市さん、ロマンスグレーにシフトするつもりだ!(トキメキ!!!!)

道春館の段

・千歳さんまたも千秋楽まで持つか心配。と思ったけど第2週目聴いたら大丈夫そう。

・そして富助さんの三味線かっこよすぎ。ここ3ヶ月くらい富助さん聴いてるとネクストレベル行った感。

・床下座った時は大号泣させられた。床下は老若男女泣かされてた。千歳さん罪な男。

・今日はイケメン(だと勝手に推測してる)床世話さんが白湯を出してたけど、碩太夫さんが白湯汲みするの楽しみにしてるから!

・玉男さん第一部よりこっちの方が全然いい。

・俺の座った席から文昇さんの人形の右手が2本見えて軽くホラー(1本は琴専用の手ですねそういえば)。

神泉苑の段

・咲寿さん、芸の為に本気でアニメ見るのやめたほうがいいよ。演技がアニメ声優感ハンパないよ。(俺氏、元アニオタ)

・「友之助」って口上初めて聞けた!友之助って名前のほうが龍爾より全然好き。

・咲甫清介は化学反応的な偶然や意外性がなさすぎて面白くない。出来としてはいいんだけどね。

・『American Sniper』のBradley Cooperの5億倍スナイパーみのある勘十郎さん。

・手に持ってるそれ、狐じゃなくてM4カービン - Wikipediaでしょそれ。

廊下の段

・始さんを見るとまだ岩藤思い出す。

清志郎さんは姿勢がどうも気になってね。

人形遣いさんはなんか大阪で見た時のほうがよかったな。

訴訟の段

・睦さんも今月はいい睦さん。亀菊の「ふーん…」って語りめっちゃかわいい!

・がしかし第2週目にして睦さんの声がボロボロ。2週間持たないのはちょっと…。

・喜一朗さんほんと音が綺麗だしもっとたっぷり聞きたい。素浄瑠璃の会カモーン。

・亀菊を遣う勘彌さんのエロさについて誰か俺と夜通し語らないか?

・勘彌さんが以前日比谷図書館で「亀菊は重すぎて文楽に携わった全ての先人に怒りを覚えるレベル^_^(ぼんやり意訳)」っておっしゃってたのを(ぼんやり)思い出し、ワイは応援しまくりですよ。

・勘壽さんの遣う陰陽師の烏帽子が直角に折れすぎてる問題。

祈りの段

・文字久さんも宗助さんも大阪で聴いたときと同じ感じ。悪くない。

・薄曇皇子に刺されてから屍を蹴落とされるまでの勘彌さんがsuperエロいんですわ!!!なので誰か俺と夜(ry

化粧殺生石

・劇場の大きさの問題もあるけど妖狐ちゃん大阪公演のほうが演技が大きく感じたなー。

・この段は普段床ガン見のワイも流石に勘十郎さんばかり見てるんだけど、ちょいちょい藤蔵さんの自己主張が強すぎて笑ってしまう(大好き)

 ・オタ友から小割を教えてもらったので普段の50倍楽しい!

・小割を知らなくても頭巾のシワでみんなにバレる玉佳さん。リズムに合わせて頭を振っててめっちゃかわええぇぇ。

・勘十郎さんがレクチャーでおっしゃってたので2回目以降は詞章も意識して鑑賞いたしました。

f:id:idontneedlovesongs:20170903233451j:image

妖狐ちゃん買うたで!

 

2017/09/02(土) 第一部 国立劇場 小劇場

2017/09/03(日) 第二部 国立劇場 小劇場

2017/09/09(土) 第二部 国立劇場 小劇場

2017/09/10(日) 第一部 国立劇場 小劇場

2017/09/15(金) 第二部 国立劇場 小劇場

2017/09/16(土) 第一部 国立劇場 小劇場

2017/09/17(日) 第一&二部 国立劇場 小劇場

 

なんでこんなに回数見るの?とお思いでしょうが、頭悪いから回数見ないと理解できないのね。頭の良い人裏山。

ちな大好きな嶋太夫師匠の引退興行は通いすぎて首を痛めて整形外科半年間通院したよ♪面白いね♪