第三回 双蝶会

双蝶会が土日開催になったの本気でありがとうございます。(来年も土日開催本当にありがとうございます)

 

双蝶会は行くとほんと心が洗われる。見たことない人はこの人何言ってるの日本語でおKって感じでしょうが。んで「俺もいろいろ頑張る!」っでなる。

 今回は種之助さんの成長っぷりがブリリアントすぎてワイ将「目がっ!目がーっ!」なった。

あと大人組の役者さんの芝居が総じて素晴らしく、普段お役が小さくてあまりたっぷり芸を見ることが出来ない役者さんの良さを発見できるのもこの会のいいとこだなと。

 

一条大蔵譚

奥殿

・種之助さんお顔が大人になってた。

・種之助さんは見るとどうしても身体の小ささに気がいってしまうのですが、このお役は衣装&他の役者との距離と高さの違いで気にならず。

歌昇さんの重心が低い動きほんすこ。

・そして演技は安定の吉右衛門さんLOVE 感いっぱい。

・米吉さん、女方が似合うようになっててびっくり。姫と娘しか似合ってなかったのに。胸熱。
・だが相変わらず最高のケツしてて、今すぐ男に生まれ変わってバックで突きたい。

・壱太郎さんの演技ってこの兄弟と米吉さんに囲まれるとひとり浮いてない?

・蝶紫さん&蝶十郎さんの抑えた演技ながら芸の素晴らしさが溢れでてる。おっさんたちマジすげー(若手会あるある)

・愛太夫さんをはじめていいと思えた。けど歌舞伎って舞台に床があるから声が篭るんだよなー。文楽みたいにやってくれたらもっといいのに。

 

傾城反魂香

土佐将監閑居の場

・最近吉右衛門さん&菊之助さんで見たんだけど、傾城反魂香ほんと嫌い。特に吃音を嘆いて喉を掻きむしったり舌を引っ張ったりする又平は目を背けたくなる。辛い。

・ただし今回の歌昇さんの吃又はなんか足りないので見てて辛くなかった。何が足りないんだろう。

・失意の表情なのにギトギトしてたんだよな、歌昇さんの芝居。一条大蔵譚の芝居のほうが良かった。

・種之助さんのおとく最高。女方いけるじゃん。ってか、この路線のほうがよくね?

・種之助さんも歌昇さんも始まってから終わりまでずっと汗ぼたぼた。

・米吉さんの修理之助かわいすぎじゃねやばくね?

・襖の奥からの一声なのに若手との力の差を見せつけた又之助さんなんなの…。

・小劇場ゆえ下手の百姓ズの演技も注目することができたんだけど百姓ズ細かい演技めっちゃしてるな。それなのに邪魔になってない。上手い。

・やっぱ葵太夫さんは昔の声のほうが綺麗で好きだったなー。

 

歌舞伎については全く詳しくない俺なのに友だちが良質なオタクなのでこういう公演を逃さず見れます。友だちに感謝。

 

また来年。

 

f:id:idontneedlovesongs:20170808210641j:image 

2017/08/05(日) 国立劇場 小劇場