読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールデンウィークは狂言にいってみた

俺氏(a.k.a 野獣先輩)の狂言スペック

過去の狂言鑑賞回数 1回(茂山狂言祭2013)

よっていつもよりノー知識オンリー感覚でお届けします。ご通家の皆様からすると相当失礼な発言もたくさんあると思われます先に謝っとくごめん。

 

狂言の会

2017/04/29 国立能楽堂

客層:文楽と似てるけど若干若い。隈研吾とか好きそう。外国人多い。

 

狂言師は1回みた茂山さんとこ以外は野村万作、萬斎、和泉元彌しか知らない俺氏。伝統芸能楽しむにあたり偏りすぎだなと反省。

どうせなら一流のものをちゃんと見ておくべきなのでなんか良さげなチケット取ってみたところ人間国宝が3人も出演&お家の垣根を越えた面白企画だった。

一流の人の狂言ってしっかり笑わせてくれるねー。笑いすぎて涙流した。

 

二人袴

・今日出演の中で唯一名前を知ってた野村万作さんご出演。

伝統芸能オタの女性は間違いなくBL要素をおっさんおじいちゃんたちに求めています間違いない。

・袴って一人じゃ着れない訳ね。袴を着たり脱いだりを万作さんと奥津健太郎さんが舞台でする訳ね。萌えでしょう萌えでしかないでしょう。

・多分これに出演してた人全員達者な方だと思われる。めっちゃ笑った。

 咲嘩

野村萬さんの存在初めて認識したんだけど万作さんのお兄さんだとは。そして弟さんより俄然かわいい…キュン死んだ。好き。

・萬さんの太郎冠者の衣装がシックな色目で素敵だったー。太郎冠者の衣装がこんなにバリエーションあるのも初めて知った。

・「すっぱ」とは何であるかを知るのに初心者的には早々に見れてよかった模様。

・これも涙流した。面白い。

・萬さんが主に投げ飛ばされて倒れてる姿がかわいくてかわいくて…。

首引き

・姫鬼がほんと可愛い女の子に見えて狂言で女性をどうやって表現するかに興味めっちゃ湧いた。

 ・善竹隆平さんの声のビブラートが耳にどうも引っかかってなんか苦手だった。

・お話も愛に溢れたかわいいお話。好き。

f:id:idontneedlovesongs:20170507212626j:image

どの席からも見やすい&声の響き具合&雰囲気ともに国立能楽堂最高。

 

会場に向かう前にtwitterで「当日券アルアルヨー」って演者が呟いてる狂言の会を発見。なので勢いで行ってみた。

 

大蔵流五家狂言

2017/04/29 梅若能楽学院会館

客層:若い。身内感が強くあちこちで交わされる挨拶。

 

会場入ると演者がモギリしたりチラシ配ったり。くそー、狂言沼の住人だったらこの状況堪らんのだろうなー。蝠聚会の時の受付みたいなもんでしょ文楽に置き換えると。知らないって不幸。 不幸でしかない。

これもたまたま大蔵流の若手が家の垣根を越えて共演すると言う企画だった。初心者的にはいろんなお家の人が見れて有難かった。ちなこれも千五郎の方の茂山さんの人たち以外は全く知らなかった。

 

雁礫

・烏帽子を雁に見立てるとか知らなんだ。

・そこそこ笑えた。

・千五郎さんは流石年長者といったところ。

惣八

・うーんイマイチ。逸平さん前に見た時は面白かったのになー。

棒縛

・めっちゃ知ってる演目きたーー!歌舞伎で何回もみたーーー!

・なのにガン寝したり模様。なんか面白く見れなたかった。

茶壺

・茂山良暢さんって演技そのものがうまい。だから狂言的上手いのかはわからないんだけど、とにかく演技がうまいので魅せる。

・茂山童司さんもちょっと現代劇的かなとも思ったけど表現力があるゆえこの人も魅せる。ただし狂言的に上手いのかは不明。

・多分この二人相性がいい。だけどお家が違うから共演する事は普段ない模様。もったいなさすぎる…。

千切木

・善竹富太郎さんが全部かっさらう。ずるいでしょ!!!ズルすぎるでしょ!!

・配役の時点で勝ち戦です。ええ負けました超笑いました。

・ズルい!

f:id:idontneedlovesongs:20170507212652j:image

 

 

お豆腐の和らい「都の賑わい」東京公演

2017/05/06 紀伊国屋ホール

客層:千五郎家のファンクラブの人が多く、笑い方が心得た笑い。年齢は高め。

 

専用劇場以外で狂言公演って出来るのかなぁ(ぼんやり)と思っていた。多分専用劇場以外では狂言ってこのスタイルでやってるんだろうな。

棒縛の前に童司さんの解説。狂言って京都の街文化を知った方がより楽しめるんだろうな。祇園祭の山と鉾の話とか全然知らなかった。

 

棒縛

・棒縛。みんな大好き棒縛。

狂言の棒縛は見るの3回目だけど今日が一番笑った気がする。

・千三郎さんの御顔、嶋太夫さんに似てる。

・「あきらは肩が痛いといっているので最後の次郎冠者かも」

長光

・千五郎さんえらい声がでかいですね。声がでかいことはいいことだ。

・あと千五郎さんは見れば見るほど喬太郎師匠に似てる。

・解説で「茶壺」に似た話って聞いてたから親しみ倍増。

鬮罪人

 ・鬮(くじ)って漢字すら読めなかった俺。

・止められる主が歌舞伎の忠臣蔵以上に壮大に止められてる。

祝言

・最後の最後に今日別の現場で来れなかった(髪の毛振り乱して)宗彦さんがサプライズで登場。会場の反応に宗彦さんの人気を知る。サムズアップして上手から去る。

・宗彦さんオーラある(好き)。

祝言これだよね

http://www2.nhk.or.jp/school/movie/?das_id=D0005150313_00000

f:id:idontneedlovesongs:20170507212706j:image

 

伝統芸能初心者に狂言ってすごーくおすすめなのね。笑えるし小難しいとかないし。(但し他の伝統芸能と一緒で状況を記号化してたりとかルールはある程度分かった方がより楽しめるけど)上演時間も2時間くらいだし。

強く世襲制なのに先細りを感じない。明るい未来が待ってる感。(文楽世襲制ではないといいつつ(しかも口だけ)先細り感ハンパない)

あと演者にいい男が沢山いるからハマるならこんな沼がいいよ!