平成二十九年三月 文楽 地方公演

春巡業だよ2017。

 

秋と演目一緒だけど毎回行っちゃう春巡業。だって聞き比べ見比べが楽しーんだもーん。

メンツが発表された時は「秋の巡業完全勝利」っで思ってたけども実際はそんなに劣る感じもなく。昼の部の妹背山に関しては春巡業の方が良かったかも。

こうやって「舞台はやっぱ観ないとわかんないなー」という経験を重ねて沼にズブっていくのであった。

 いやー6月の鑑賞教室が今から楽しみですね。

 

以下便所の落書き垂れ流し

 

昼の部ーーー妹背山婦女庭訓

杉酒屋の段

•もう咲太夫さんに地方巡業させるのやめませんか?見てて辛い。

道行恋苧環

•この段のもしかして『ララランド』じゃね?

•咲寿さんが俺の咲寿史上一番よかったよ。頑張れ。

•三味線は秋の時よりふんわりしてる印象。(秋はチーム清治、春はチーム錦糸)

•清十郎さんのお三輪ちゃん、なんだかプリッとしてる。求馬よりお三輪ちゃんの方が合ってるね、清十郎さん。

•文昇さんの左がよかった。(玉誉さんが文哉さんどっちかだと思うんだけど)

姫戻りの段

•和生さんと文昇さんなんかキャラがぼーっとしてるというか間が抜けた感じがするというか何というか…。これを世間では品というのか?

金殿の段

•津駒さんちょっとふっくらしたね。

•お三輪ちゃんがトチ狂ってからの宗助さんのロックみ。

•左に最高の左 玉佳氏を配した玉也さんの無敵さ。 

•官女や花四天の動きが良かったの。ツメ人形がちゃんと芝居すると舞台全体の芝居の質が上がるね。大事。

•「秋巡業より観客がよく笑うなー」と思ったんだけど、秋はアレだ、太夫がアレだったから誰も笑えなかったんだ…。

 

文楽入門講座

合間に事前申し込み制だった文楽入門講座へ。

講師は和生さん(左は玉誉さん足は和馬さん)。和生さんのお話伺うの初めてだったけど、流石文雀師匠のお弟子さん、ちょっとした一言がめっちゃ勉強になった。そして話しながらもなんとなく人形を動かしてたんだけど、その様子がまさに息するように人形を遣っててさりげない所に和生さんの凄さが表れてた。いや、ホント和生さんすごい。

(芸人さんの講演&トークショー文字起こしレイプはしない主義なので内容は書かないよソーリー)

 

夜の部ーーー近頃河原の達引

四条河原の段

•久々に咲甫さんの師匠に似てる感を味わう。ほんとそっくりだよねぇ。

•簑二郎さんの人形に向かって「髪乱れとるで」と言える幸助さんの鉄のハート。

堀川猿廻しの段

•うーん床は秋の巡業(津駒藤蔵寛太郎)の勝利かなぁ…。

•玉男さんの与次郎全く期待してなかったんだけど(伝兵衛でよくね?と思ってた)勘十郎さんと違った良さがあって良かった。玉男さんの与次郎は不器用で優しいんだけどなんか所作が雑でクスッと笑ってしまう与次郎。お母さんにお水飲ませてあげるんだけど雑すぎてお母さんが半分溺れてるんじゃね感とかね。勘十郎さは自身が器用な方であるからその器用さが漏れ出てた。

•お猿遣っている方がノリノリ紀香すぎて自身の体もノリノリ紀香してた。

•冒頭の解説の咲寿さんがキラキラしすぎてて産まれてこのかた隠キャとして生きてきた私は直視する事が出来ませんでした。辛い。

 

f:id:idontneedlovesongs:20170309063553j:image

↑昼の部の募金担当は紋秀さんと玉峻さん。夜の部は文哉さんと簑之さん。紋秀さんの舞台ではオラついてるのに普段はコミケis正月みたいな雰囲気なのが萌えるし大好き。

 

友だちにブログやってることがめでたくバレたんだけど、発見した友だちの反応が
「見つけてしまいました…」的完全なガッカリ反応なのなんでかな。

 

2017.3.8(水) 大田区民プラザ 大ホール