国立劇場開場50周年記念 2月文楽公演所感

もうなんか見飽きた演目すぎてやっぱオタ的には辛かったよ2月公演。近松フェスってとこまではGJ!だったけどその先の演目選びのセンスなー。

でもどうにか楽しむそれがオタク!

私は一切勉強と予習をしない体験型学習マンですが今回は本読んで知識を少しでも深めて違う楽しみ方するかなーと思ったわけでこの本を大阪の文楽劇場で買っといたよどーーん!

f:id:idontneedlovesongs:20170208212328j:image

これが大当たりの本だった。最高でござった。

私のクソブログ読む暇あったらこの本読んだ方がいいよ!¥2,160だよ!ほんと超いい本。

そして4月の大阪公演との聞き比べ見比べを楽しもうかなと。

あと本の中で野澤松之輔さんの作曲を技芸員さんがこぞって褒めてたからそこも確認したい。

今月単体の感想としては、床は相変わらず津駒寛治の圧勝。人形は勘十郎さん最高。と演目もつまらない感想もつまらないとかほんとごめんな2月文楽公演。

 

以下、便所の落書き垂れ流し。

 

国立劇場開場50周年記念

近松名作集

<第一部>
平家女護島

六波羅の段

・この曲なかなか聞き応えある。久々に錦糸さんを堪能できた。

・一輔さんが遣うと老女方も姫に見えるよ困ったね。

・玉勢さんの有王丸、動きはキレキレだけど動きの止め方がいかんせん汚い。玉勢さんほどのキャリアでもまだまだなんだね…。

 

鬼界が島の段

・英さん、人形遣いが3人同時に走ると全く声が聞こえない。

・千鳥の鹿児島訛りが語る時難しいらしいんだけど、TOKYO生まれHIPHOP育ちの私にその違いを聞き分ける能力はない。

・歌舞伎には負けるなー。俊寛。

・千鳥ちゃんが少将より俊寛に抱かれてる方がエロみがあるので、千鳥ちゃんと俊寛1回パコってるんじゃねーか疑惑。

・少将さん海女ちゃんをエロ視点で見すぎ。(わかる)

・瀬尾が2回目に船降りてきた時、さっきと変わってカジュアルな格好で出てきてときめいた。(書状を読んでる時のスーツピシッと感からのギャップ萌え的なやつですよわかりますか)

・遠ざかる俊寛に手を振る千鳥ちゃんが船から落ちそうなくらい身を乗り出して手を振っててきゃわわ。

 

舟路の道行より敷名の浦の段

・何かに取り憑かれてるわけでもないのに千鳥ちゃんがスーパーアクロバティック。(みのしろうさんお疲れ様です)

・シンじゃないのに喜一朗さんの三味線の音がアタマひとつ飛び抜けてた。なんて美しい音を出すんだこの人。

・「みんな違ってみんないい みつを」感のある、個性を出しながらもまとまってるとてもいい三味線部の働き。この段の三味線の感想だけで飲み会できるよ。

・大好きな三輪さんが途中退場したのがショックすぎてそれ以降記憶にない。勉強し直して参ります。

法皇が海に落ちてからの雑色のツメ人形さんたち3番のどきどきしなら事の様子を伺ってる感がめっちゃかわいい!!!誰が使ってるんだろう。

 

<第二部>

曾根崎心中

生玉社前の段

・文字久さん今回イマイチ?って思ってたら九平次が出てきた途端にギンギンでした。(師匠の住さんも九平次の存在を「助かる」と言ってるし師匠譲りなのかもな)

・宗助さんはオールラウンドプレイヤーすぎてもうちょっとアクが欲しいです。

・文字久さんの床本の文字がめっちゃかわいかったんだよなー。ご自身で書かれたのだろうか?

 

天満屋の段

・咲太夫さんからなんか死相でてんだけどアーユーオーケー?

・本の中で津駒さんと清介さんが「天満屋の段は道行のためのただの下ごしらえ」と言い切ってて驚きました。

 ・「下ごしらえ」だからか、ほぼこの段で1回はスヤる私。

 

天神森の段

・初日、寛治さんは最初は若干心配だったけどしばらく経つといきいきさんでした。ほっ。

・あー津駒さん最高あー津駒さん最高。

・2月文楽公演一番の萌えポイントは舞台の進行をチラ見する津駒寛治です(最高)!

・道行の床としてはこの段が一番まとまってる。

・ネットでも誰か言ってたけど、勘十郎さんのお初が玉男さんの徳兵衛にぞっこんLOVEすぎてこっちが照れる。

・お初の足がすごく美しくて良かったんだよなー。勘次郎さんかなー?

 

 <第三部>

冥途の飛脚

淡路町の段

・松香さーーーーん!!!

・清友さんがいつもよりギラついてる。

・咲甫さんがこういう口の段語るととてもわかりやすくていいですね。

・イッヌ遣ってる勘介さんの動きが師匠の勘十郎さんにクリソツで胸熱。(そして楽しそうだなぁ〜)

・呂勢さんの語り期待してなかったけど(忠兵衛の気持ちなんて絶対わからないでしょ!と思ってた)忠兵衛表現できてた。いいよ、rose、いいよ。

・清治さんがうまいこと導いたおかげかもね。

・まー玉男さんはいつも通りだったねー。(鼻くそほじりながら)

・松香さーーーーん!!!

 

封印切の段

・初日に禿の動きと三味線の動きが合わなすぎて驚きましたが8日目はバッチリ合ってたよよかった。

・うーん8日目にして千歳さんの声がやばい。(19日は持ち直してました。よかったー。)

・簑二郎さんは本当に情が伝わってくるなー。好き。

 

道行相合かご

・床がバラッッッバラすぎて笑える。誰かまとめろよ。團七さんも文字久さんもそういうことできない人だけどもさ。

・道行は見なくてもいいなこれ。

・千秋楽近くは清十郎さんと三味線部が見違える程良くなってた。素晴らしい。太夫はアレだったけど。

 

偶然、帰る途中の津駒さんを見つけたので凸って「お前の語りが今日イチやったで!」って感想言ったら、興奮で私の声が大きすぎたため人差し指を口に当ててながら「しーーっ♡ 」って言ってくれました。可愛すぎて昇天した。愛。

 

2017.2.4(土)  2部3部 国立劇場 小劇場

2017.2.5(日) 1部2部 国立劇場 小劇場

2017.2.12(日) 1部2部3部 国立劇場 小劇場

2017.2.19(日) 1部2部3部 国立劇場 小劇場