毎日下痢気味-大幸薬品と芸能と私-

LL COOL J太郎 (a.k.a 三代目 J SOUL 魚武濱田成夫)

伝統文化「文楽」に親しむ めぐろパーシモンホール

いわゆる一つの啓蒙活動イベント。

大体太夫&三味線&人形解説&人間体験&ミニ公演というのが一般的でこれもそんな感じ。

んで文楽常連さんたちが行く場合はわかりきった内容なので、担当する技芸員さんによる違いとか楽しんだりしてます。

今回は靖太夫&清丈&簑紫郎が担当。

靖太夫さんは本公演での解説もやってるけどまぁ真面目。だけど今回清丈さんとのコンビでなんか優しさ溢れてる。靖太夫さんのこんな可愛い笑顔見たことなかった。靖太夫、かわいいよ靖太夫ェ。靖太夫さんと清丈さんの掛け合い超楽しい。そのあとの三味線解説では安定のストーキングネタ(婚約したver.初めて聞けた)

そんな爆笑の後は簑紫郎さんの人形解説。左手は勘次郎さん足は勘介さん。周りにいた文楽初心者の方々は顔を真っ赤にして懸命に遣ってる勘介さんに「本当大変そうね」と言ってる。文楽何回も見てますが人形解説のときは初心者の方々と同じ感想。本当足の大変さすごいよね。本公演の演目ではどんだけヘロヘロになるんだろう。

体験の後は休憩&ミニ公演。

ミニ公演のとき「伊達娘恋緋鹿子~火の見櫓の段」やりがちなんだけど、少人数で演れる&見た目に派手だから選びやすい演目なんだろうけど、太夫の声が鳴り物にかき消されちゃって耳に凄いわちゃわちゃする。人形もまぁ見た目に派手だけど人形本来の美し動きやかっこいい型を見せられる演目の方が「また見てみたい」に繋がる気がする。ので関係各位再考よろしく。

公演が終わった後はロビーにお人形さん出てきてくれた。人形と写真を撮る人も沢山いたけど文楽初心者の方が結構勘次郎さんや勘介さんに熱心に質問していて、初心者向け公演は技芸員さんがロビーに出て行くのいいとてもいい。太夫や三味線さんが出て行くのもアリかもね。

f:id:idontneedlovesongs:20160925223133j:image

↑お人形さんって綺麗だよね。

 

あーこれが終わって本格的に文楽が大阪に帰っちゃった感。また12月〜。

 

2016.09.23(金) めぐろパーシモンホール 小ホール