毎日下痢気味-大幸薬品と芸能と私-

LL COOL J太郎 (a.k.a 三代目 J SOUL 魚武濱田成夫)

国立劇場開場50周年記念 三月歌舞伎公演 通し狂言 伊賀越道中双六 五幕七場

 文楽ハマり初めの頃に伊賀越道中双六を通して見て、もう辛すぎて辛すぎて『伊賀越道中双六』って単語がトラウマになってた私。

去年文楽友達から「心の傷はわかるが隣でやってる歌舞伎の伊賀越めっちゃいいから見とけ」と激勧められて言われるがままに見たら最高でしかなかった伊賀越道中双六。トラウマも無事解消。

再演やほーいと尻尾フリフリまた見に行ったよ。予想通り良かったっすよ。見に行くべきですよ。

けどもお話がどうもねー、子供殺す話ってやはり後味悪いし、ストーリー展開に都合のいい偶然多すぎだろっつー。

 話に納得いかないのと同じくらい、こんなに評判高かったものの再演なのに客席に空きがあったのが納得いかない。コレといい今文楽地方公演でやってる近頃河原の達引といい地味だけどいいものに客をどう誘導するかって難しいねー。

 

以下便所の落書き垂れ流し

 

通し狂言 伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)五幕七場

 

序  幕 相州鎌倉 和田行家屋敷の場

雀右衛門さんが可愛すぎて俺が父親だったら何やっても勘当なんてできない。

•序幕から全員が安定感しかない芝居で「あーこの芝居絶対いいわー」と確信させる。 

•お谷をかくまう時の京妙さんの視線の色気にフラフラした。

二幕目 相州鎌倉 円覚寺方丈の場
      同                門外の場

•城五郎の企みに「城五郎兄さん流石っす!パねぇっす!」ってなるんだけど、いやいやそれ誰でも思いつくよブラザー。

菊之助さんはこのメンツの中でも華があり輝いてる。そんな好きな役者さんじゃないんだけど目がいくよね。いつまでもそのまま美しくいて。

三幕目 三州藤川 新関の場
      同         裏手竹藪の場

•米吉きゃわわー!

•男に生まれ変わって米吉をバックで突きたい。

菊之助さんが米吉さんの手を己の太ももにいざないやがっててズルい。

•裏手竹藪の場、又五郎さん以外の役者だとあの尺はちょっとダレるかもね。さすが又五郎さん。

四幕目 三州岡崎 山田幸兵衛住家の場

•出てる人全員の芝居が間違いなさすぎてね。特に歌六さんにもってかれたなー私は。

吉右衛門さんの声が若干小さい?と思う箇所があり(まぁ観劇には問題なかったけど気になった)

•道太夫さんの語りが酷すぎた。キャリアと人気とか知らないけど二度と聴きたくない。

雀右衛門さんがうだうだ言ってるところ、集中力切れる…。

•葵太夫さんと組んでる三味線さんがいつもの人より格段に良かった。(豊澤長一郎さんって方だった。ってかワイ将、前も長一郎さんを褒めていた模様)

吉右衛門さんが刻んでた煙草のヤフオク出品マダー?

吉右衛門さんに「音羽屋」って声掛けたジジイ今すぐ死ね。(国立は大向こう気取りなチンカスが多すぎ)

•上記掛け声が2回目の鑑賞時もあったんだけどまじか。この芝居「播磨屋」だらけなんだから馬鹿はとりあえず「播磨屋」って言っとけ。

•この段で人目をはばからず泣く感受性が高いアピール女は大抵吉右衛門さんが子供を殺す瞬間をオペラグラスでガン見してる。だから女って嫌い。 

 大  詰 伊賀上野 敵討

吉右衛門さん一週間前より動きが確実に鈍い。お疲れ。

•大好きなきっちーに斬られて嬉しそうな歌昇さん。

錦之助さんってお化粧上手?

•隼人さんが謎のドレッドヘアで完全に外国人。

•大  団  円

f:id:idontneedlovesongs:20170312225643j:image↑ワイ将の心の傷を引っ張りだしてみた。どうやら2回目の文楽鑑賞で伊賀越道中双六の通しを1日で鑑賞した模様。そりゃ無理あるわ。むしろよく文楽嫌いにならなかったな…。

2017.3.12(日) 国立劇場 大劇場

2017.3.19(日) 国立劇場 大劇場

広告を非表示にする

平成二十九年三月 文楽 地方公演

春巡業だよ2017。

 

秋と演目一緒だけど毎回行っちゃう春巡業。だって聞き比べ見比べが楽しーんだもーん。

メンツが発表された時は「秋の巡業完全勝利」っで思ってたけども実際はそんなに劣る感じもなく。昼の部の妹背山に関しては春巡業の方が良かったかも。

こうやって「舞台はやっぱ観ないとわかんないなー」という経験を重ねて沼にズブっていくのであった。

 いやー6月の鑑賞教室が今から楽しみですね。

 

以下便所の落書き垂れ流し

 

昼の部ーーー妹背山婦女庭訓

杉酒屋の段

•もう咲太夫さんに地方巡業させるのやめませんか?見てて辛い。

道行恋苧環

•この段のもしかして『ララランド』じゃね?

•咲寿さんが俺の咲寿史上一番よかったよ。頑張れ。

•三味線は秋の時よりふんわりしてる印象。(秋はチーム清治、春はチーム錦糸)

•清十郎さんのお三輪ちゃん、なんだかプリッとしてる。求馬よりお三輪ちゃんの方が合ってるね、清十郎さん。

•文昇さんの左がよかった。(玉誉さんが文哉さんどっちかだと思うんだけど)

姫戻りの段

•和生さんと文昇さんなんかキャラがぼーっとしてるというか間が抜けた感じがするというか何というか…。これを世間では品というのか?

金殿の段

•津駒さんちょっとふっくらしたね。

•お三輪ちゃんがトチ狂ってからの宗助さんのロックみ。

•左に最高の左 玉佳氏を配した玉也さんの無敵さ。 

•官女や花四天の動きが良かったの。ツメ人形がちゃんと芝居すると舞台全体の芝居の質が上がるね。大事。

•「秋巡業より観客がよく笑うなー」と思ったんだけど、秋はアレだ、太夫がアレだったから誰も笑えなかったんだ…。

 

文楽入門講座

合間に事前申し込み制だった文楽入門講座へ。

講師は和生さん(左は玉誉さん足は和馬さん)。和生さんのお話伺うの初めてだったけど、流石文雀師匠のお弟子さん、ちょっとした一言がめっちゃ勉強になった。そして話しながらもなんとなく人形を動かしてたんだけど、その様子がまさに息するように人形を遣っててさりげない所に和生さんの凄さが表れてた。いや、ホント和生さんすごい。

(芸人さんの講演&トークショー文字起こしレイプはしない主義なので内容は書かないよソーリー)

 

夜の部ーーー近頃河原の達引

四条河原の段

•久々に咲甫さんの師匠に似てる感を味わう。ほんとそっくりだよねぇ。

•簑二郎さんの人形に向かって「髪乱れとるで」と言える幸助さんの鉄のハート。

堀川猿廻しの段

•うーん床は秋の巡業(津駒藤蔵寛太郎)の勝利かなぁ…。

•玉男さんの与次郎全く期待してなかったんだけど(伝兵衛でよくね?と思ってた)勘十郎さんと違った良さがあって良かった。玉男さんの与次郎は不器用で優しいんだけどなんか所作が雑でクスッと笑ってしまう与次郎。お母さんにお水飲ませてあげるんだけど雑すぎてお母さんが半分溺れてるんじゃね感とかね。勘十郎さは自身が器用な方であるからその器用さが漏れ出てた。

•お猿遣っている方がノリノリ紀香すぎて自身の体もノリノリ紀香してた。

•冒頭の解説の咲寿さんがキラキラしすぎてて産まれてこのかた隠キャとして生きてきた私は直視する事が出来ませんでした。辛い。

 

f:id:idontneedlovesongs:20170309063553j:image

↑昼の部の募金担当は紋秀さんと玉峻さん。夜の部は文哉さんと簑之さん。紋秀さんの舞台ではオラついてるのに普段はコミケis正月みたいな雰囲気なのが萌えるし大好き。

 

友だちにブログやってることがめでたくバレたんだけど、発見した友だちの反応が
「見つけてしまいました…」的完全なガッカリ反応なのなんでかな。

 

2017.3.8(水) 大田区民プラザ 大ホール

広告を非表示にする

国立劇場開場50周年記念 2月文楽公演所感

もうなんか見飽きた演目すぎてやっぱオタ的には辛かったよ2月公演。近松フェスってとこまではGJ!だったけどその先の演目選びのセンスなー。

でもどうにか楽しむそれがオタク!

私は一切勉強と予習をしない体験型学習マンですが今回は本読んで知識を少しでも深めて違う楽しみ方するかなーと思ったわけでこの本を大阪の文楽劇場で買っといたよどーーん!

f:id:idontneedlovesongs:20170208212328j:image

これが大当たりの本だった。最高でござった。

私のクソブログ読む暇あったらこの本読んだ方がいいよ!¥2,160だよ!ほんと超いい本。

そして4月の大阪公演との聞き比べ見比べを楽しもうかなと。

あと本の中で野澤松之輔さんの作曲を技芸員さんがこぞって褒めてたからそこも確認したい。

今月単体の感想としては、床は相変わらず津駒寛治の圧勝。人形は勘十郎さん最高。と演目もつまらない感想もつまらないとかほんとごめんな2月文楽公演。

 

以下、便所の落書き垂れ流し。

 

国立劇場開場50周年記念

近松名作集

<第一部>
平家女護島

六波羅の段

・この曲なかなか聞き応えある。久々に錦糸さんを堪能できた。

・一輔さんが遣うと老女方も姫に見えるよ困ったね。

・玉勢さんの有王丸、動きはキレキレだけど動きの止め方がいかんせん汚い。玉勢さんほどのキャリアでもまだまだなんだね…。

 

鬼界が島の段

・英さん、人形遣いが3人同時に走ると全く声が聞こえない。

・千鳥の鹿児島訛りが語る時難しいらしいんだけど、TOKYO生まれHIPHOP育ちの私にその違いを聞き分ける能力はない。

・歌舞伎には負けるなー。俊寛。

・千鳥ちゃんが少将より俊寛に抱かれてる方がエロみがあるので、千鳥ちゃんと俊寛1回パコってるんじゃねーか疑惑。

・少将さん海女ちゃんをエロ視点で見すぎ。(わかる)

・瀬尾が2回目に船降りてきた時、さっきと変わってカジュアルな格好で出てきてときめいた。(書状を読んでる時のスーツピシッと感からのギャップ萌え的なやつですよわかりますか)

・遠ざかる俊寛に手を振る千鳥ちゃんが船から落ちそうなくらい身を乗り出して手を振っててきゃわわ。

 

舟路の道行より敷名の浦の段

・何かに取り憑かれてるわけでもないのに千鳥ちゃんがスーパーアクロバティック。(みのしろうさんお疲れ様です)

・シンじゃないのに喜一朗さんの三味線の音がアタマひとつ飛び抜けてた。なんて美しい音を出すんだこの人。

・「みんな違ってみんないい みつを」感のある、個性を出しながらもまとまってるとてもいい三味線部の働き。この段の三味線の感想だけで飲み会できるよ。

・大好きな三輪さんが途中退場したのがショックすぎてそれ以降記憶にない。勉強し直して参ります。

法皇が海に落ちてからの雑色のツメ人形さんたち3番のどきどきしなら事の様子を伺ってる感がめっちゃかわいい!!!誰が使ってるんだろう。

 

<第二部>

曾根崎心中

生玉社前の段

・文字久さん今回イマイチ?って思ってたら九平次が出てきた途端にギンギンでした。(師匠の住さんも九平次の存在を「助かる」と言ってるし師匠譲りなのかもな)

・宗助さんはオールラウンドプレイヤーすぎてもうちょっとアクが欲しいです。

・文字久さんの床本の文字がめっちゃかわいかったんだよなー。ご自身で書かれたのだろうか?

 

天満屋の段

・咲太夫さんからなんか死相でてんだけどアーユーオーケー?

・本の中で津駒さんと清介さんが「天満屋の段は道行のためのただの下ごしらえ」と言い切ってて驚きました。

 ・「下ごしらえ」だからか、ほぼこの段で1回はスヤる私。

 

天神森の段

・初日、寛治さんは最初は若干心配だったけどしばらく経つといきいきさんでした。ほっ。

・あー津駒さん最高あー津駒さん最高。

・2月文楽公演一番の萌えポイントは舞台の進行をチラ見する津駒寛治です(最高)!

・道行の床としてはこの段が一番まとまってる。

・ネットでも誰か言ってたけど、勘十郎さんのお初が玉男さんの徳兵衛にぞっこんLOVEすぎてこっちが照れる。

・お初の足がすごく美しくて良かったんだよなー。勘次郎さんかなー?

 

 <第三部>

冥途の飛脚

淡路町の段

・松香さーーーーん!!!

・清友さんがいつもよりギラついてる。

・咲甫さんがこういう口の段語るととてもわかりやすくていいですね。

・イッヌ遣ってる勘介さんの動きが師匠の勘十郎さんにクリソツで胸熱。(そして楽しそうだなぁ〜)

・呂勢さんの語り期待してなかったけど(忠兵衛の気持ちなんて絶対わからないでしょ!と思ってた)忠兵衛表現できてた。いいよ、rose、いいよ。

・清治さんがうまいこと導いたおかげかもね。

・まー玉男さんはいつも通りだったねー。(鼻くそほじりながら)

・松香さーーーーん!!!

 

封印切の段

・初日に禿の動きと三味線の動きが合わなすぎて驚きましたが8日目はバッチリ合ってたよよかった。

・うーん8日目にして千歳さんの声がやばい。(19日は持ち直してました。よかったー。)

・簑二郎さんは本当に情が伝わってくるなー。好き。

 

道行相合かご

・床がバラッッッバラすぎて笑える。誰かまとめろよ。團七さんも文字久さんもそういうことできない人だけどもさ。

・道行は見なくてもいいなこれ。

・千秋楽近くは清十郎さんと三味線部が見違える程良くなってた。素晴らしい。太夫はアレだったけど。

 

偶然、帰る途中の津駒さんを見つけたので凸って「お前の語りが今日イチやったで!」って感想言ったら、興奮で私の声が大きすぎたため人差し指を口に当ててながら「しーーっ♡ 」って言ってくれました。可愛すぎて昇天した。愛。

 

2017.2.4(土)  2部3部 国立劇場 小劇場

2017.2.5(日) 1部2部 国立劇場 小劇場

2017.2.12(日) 1部2部3部 国立劇場 小劇場

2017.2.19(日) 1部2部3部 国立劇場 小劇場

広告を非表示にする

平成29年度1月 民俗芸能公演 淡路人形芝居

とちりの良席がたまたま戻ってたのでgoした淡路人形芝居。たまたま取りづらいチケットが手に入った時ってロマンスの神様がこの芸能と出会いなさいって言ってくれてる証なのです。最高裁でした。感動しかなかった。

文楽ファンとしては是非見に行かなければと思ってた淡路人形座。だが淡路の館は無免許マンにかなりハードルが高くてね…。

そして文楽を歌舞伎に例えるなら淡路人形芝居はスパ銭で見る大衆演劇程度のものだと思ってました。本当に過去の自分をしばき倒したい!マウントポジションからタコ殴りのフルボッコしたい!ほんと最低!

文楽座の人形浄瑠璃よりも見せ場をしっか作って観客を喜ばせる工夫がしてあって演出にも好感しかない。それの点ではこちらの方が歌舞伎っぽいのかも。高慢(であることに気づいてない)が今の文楽座(というか国立文楽劇場と一部の偉い技芸員)の最たる問題だなーと改めて思う。

淡路島という土地で普段は観光客に向けて興行を打ってるのかなと思うのですが、舞台芸能としてクオリティが驚くほど高く、土地に根付きながらどうやればこのレベルに高められそして維持できてるんだろう。謎が多すぎて絶対に淡路人形座にいって色々確認したい!客層とか普段の淡路島の人の生活とか淡路島の文化的歴史とか総合して謎を解きたい!待ってろ淡路の海鮮料理!待ってろあわぢびーる!

そして

文楽と淡路人形芝居で感じた差

※ちゃんとした人が書いた違いはこちら

http://www.awajiningyo-support.or.jp/museum/qa.html

・太夫に女性も男性もいる…どちらかでないってとても面白い。ただ女性と男性並んで同時に語る場面は耳にちょっと馴染まずキツかった。

・盆を回さない…見台も座布団も変えず。太夫さんがたっぷり語った後歩い帰るのは痺れてないかとdokidoki。

・終演の挨拶時に尻引を外す…これなんででしょうね。礼儀的な意味?

・首のサイズが大きい…大きさって思ったよりも大事な要素だった。人間みがより強くなる。あと頭を振った時の髪の毛の動き重量感も人間により近くて色っぽかった。

・ツメ人形の演者のレベルの高さ…劇団の人数が少ないから、そこそこなお役でもツメ人形で演じる。だからツメ人形が異常にいい芝居しやがる。

・小幕の紋…竹本でも豊竹でもないよ!うめだ文楽とか三谷文楽でも違ってたけど国立劇場で違う紋見るとテンションあがる。

などなどなどなど。

淡路人形芝居素敵すぎて関西住みだったら週末は文楽劇場と淡路人形座にしか行かない人生だったろうな…よかった、東京住みで…。

 

以下便所の落書き垂れ流し


賤ヶ嶽七本槍
清光尼庵室の段

・女義&三味線の方の美麗さにうっとり。衣装も素敵だわ全員美人だわ。厳しい書類選考があるのか若しくは舞台に立つと途端に美しくなるのかどっちかだな!

・口の太夫 友里希さん、うーん…語ってる半分唄ってる半分って感じ。声も小さかった。これからの人。

・続いての友和嘉さんが良かったんだよねー。途中から女性であることすっかり忘れた。舞台に集中させる力のある太夫。三味線の友吉さんも若いのに團七師匠を思わせる貫禄たっぷりさがあったんだけどなんで。

・最後は男性太夫 友庄さんと三味線は友勇さん。友庄さんの語り初めて聴きましたが(千歳+呂勢+靖)/3みたいな語りで大変良かった。友勇さんも太夫と必要以上にベタつかない都会的な三味線だなーと。

・とにかく床が良かった!席やロビーで聞こえた「淡路の義太夫いいわー。これ隠しとかないと文楽座やばいから国立劇場に滅多に呼ばないんじゃ…」って多くの感想。私も禿同。

・嶋門下っぽい語りだなと思ってたら太夫は駒之助師匠が指導なさってるというtwitter情報が。ということはそうか、若太夫の流れということか…納得。

・カエル、かわいいよ、カエル。

・人形の仕様やらカラクリやらが違うから文楽座と比較するには私の見る目がまだまだ養われてない。のでもっと回数見てから人形遣いさんには言及したい所存。

文楽座の人形たちより顔がテカってる。

・馬のクオリティは文楽座が唯一勝てた点でした!おめでとう小道具(?)さん!

・いつもは床下ismyhometownですが戻りチケだったため下手側座ってたら下手側通路で人形たちが芝居してくれたよ!目の前で戦う勝久さま!楽しかったー!


真柴久吉帰国行列の段

・その名の通りの行列っぷり。

・今回の芝居、人数の都合で淡路の地元Jkたちも参加してるとのことですがそれだけあって素晴らしい行列でした。

・お猿かわいい!

・メリヤスだけって演出とても効いていた。良かった。

 

休憩時間に駒之助師匠がロビーにいるーーーー!ふぁぁーーーー!駒之助師匠はいつも装いがオシャレでときめく。

 

七勇士勢揃の段

・コレがまた七勇士x(3+1馬要員)+真柴久吉(3+1)と人形自身の大きさも相まって壮大さしかない。

・去年の仮名手本忠臣蔵の最後の段も同じくらいの人数が携わってるのにね…。

・真柴久吉のお馬さんがlooks like マキバオー

・渋袋に斬った首をBoA並みにタイトにねじ込む正清マジデキる男。

・正清さん、人間の首は七夕の笹飾りでもなければクリスマスのオーナメントでもありません。

・俺の大好物、奥行き表現がたまらん!可愛すぎる!

 

今回の芝居、人形の拵えだのなんだの相当な時間とお金と手間がかかってるとても贅沢な芝居でした。労力がかかることを承知で言います

「また国立劇場でやってください!」

 

f:id:idontneedlovesongs:20170122220045j:imageいい舞台だったときはマーチャンダイズをアホほど買ってお金を落とすようにしています。写真はそのうちのひとつのお鶴ちゃんせんべい。15枚1,000円。(お鶴ちゃんはこの後スタッフで美味しくいただきました)

 

2017.1.22(日) 国立劇場 小劇場 

広告を非表示にする