読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦秋文楽公演所感

初日の公演感想のtwitter検索してると第1部disがパネェ…これは逆に行くしかねぇなと思って行ったらみなさんの仰せのとおり近年稀にみる価値のなさでした。文楽ファン見る目聴く耳あるね!

そしてそのファンの演目disが今からパネェ初春公演が今から不安です。でもつまんないだろうね…。

それに引き替え第2部はえがったでーなー。津駒寛治簑助勘十郎玉男和生が出てるからいいに決まってるだろと言われればそれまでだが。艶姿女舞衣では泣かされ、勧進帳は「花道の演出とか別に…」と思ってたら七挺七撥も花道もめっちゃブチ上がったよね。斜めに物事捉えるのイクナイ。素直さ大事。

 

以下便所の落書き

 

第1部

花上野誉碑

志渡寺の段

・中、前、奥其々の三味線が皆かなりよかった。深みある情の表現出来ます錦糸さん&立役キリって場面での藤蔵さん&華やかな曲ならお任せください清介さん。最高の布陣でこれまた組んでる太夫もよかった。特に咲甫藤蔵が最高に良かった。お互いの芸の色の相性が良すぎた。

・人形は内記妻菅の谷の文昇さんがまぁ良かった。坊太郎やお辻を心配する優しみヤバかった。次点で玉翔さん。玉翔さんは舞台で悪ふざけとかしなければいいんだよねー。真面目にやってほしい。玉也さんはいつだっていい。

恋娘昔八丈

城木屋の段

・呂勢&清治の肩衣がハイパーかわいい上に床本の表紙もお揃いとか呂勢のセンス大好きだ!ただし語りは微妙だったぜ!

・呂勢さんの語りに欠けてる部分を簑二郎さんが補完した感じ。愛しさ溢れる三枚目の役本当上手いなこの人。

鈴ヶ森の段

・睦、津国、南都、咲寿、小住&文字栄どいつもこいつも最低。喜一朗さんと観客に謝れ(喜一朗さんが良くなかったら本気でカネ返せと劇場にクレーム入れてた)

日高川入相花王

渡し場の段

飽きた。(演者も飽きてるだろうにおつかれーしょん)

 

第2部

増補忠臣蔵

本蔵下屋敷の段

・睦さん今月ダメダメだね…義太夫研鑽会の喉のままでシフトチェンジ失敗した疑惑。

・咲さんの本格復帰感。琴も尺八もあり咲&燕三の華やかさもあって満足。

・玉佳さんはやっぱり非モテキャラでなくては(定期ポスト)

・玉志さんの若狭之助が来月後半だけと知ってがっかり。某連中さんにお願いしたの前半だけなんだよな(玉助襲名おめでとうございます)

忠臣蔵のスピンオフが大阪で仮名手本忠臣蔵が東京とか本来逆の役割じゃね?

 

艶姿女舞衣

酒屋の段

・希さんは今月も頑張りがそのまま語りにあらわれてて好感しかない。

・文字久さんもいい文字久さんだった!

・津駒寛治で号泣。この二人の浄瑠璃はただひたすらに優しくて情が深く温かい。

・簑助さんの三勝の色香が人間では絶対出せない超絶な色香。文楽ファンはこれを求めてる。

・勘十郎さんのお園も簑助さんの前では色褪せる。

・簑助さんの幕引き時の姿も必見。美しい。

・女性はどの登場人物のどんな気持ちに共感できたかを話し合うと面白いよ。みんな結構違ってた。

・三勝ちゃんって土門拳のコレだよね。大好きだったから会えて感動。

f:id:idontneedlovesongs:20161104183607j:image

勧進帳

・やばい…千歳&咲甫の弁慶と富樫の掛け合いがかっこよぎる…。うっとり。

・最高の左・玉佳さんと最高の足・玉路さんの出遣いはそりゃ最高です。

・この二人をそれとして育てたのは玉男さんであって、玉男さんのお弟子さんの育てる力の高さを改めて感じる。(勿論先代玉男さんあってこそな)

・玉佳さんは左遣い時の方がイケメソッドです。男前すぎて濡れた。

・玉路さんはリーチの長さを生かしたダイナミックな足遣いで素晴らしかったです。175cm以上だと普段はいろいろ大変でしょうが、他の人形遣いができないこともともたっっっっくさんできるので頑張ってください。

・みんなもっと和生さんの富樫が良かった事について言及しないか?

・三味線も壮観だったけど寛太郎さんいい。とてもいい。

・二人以外の太夫はなんで俺が弁慶or富樫じゃないんだくらいに思って舞台に上がってほしいなー。あの場でスヤるとかがっかり(芳穂てめーだよ)。

・歌舞伎と文楽勧進帳は結構別物ですね。演出の都合上しょうがないけど歌舞伎の勝ち。

勧進帳はU25の男子たちに是非見てほしいなー。文楽のかっこよさに触れてほしい。そういう日とか作ったら面白いのにな。

 

以上12月の仮名手本忠臣蔵と初春の配役期待してまーす。

f:id:idontneedlovesongs:20161103231911j:image

↑筋書きがまさかの日高川ネタ。他にあるだろ。

 

2016.11.2(水)第1&2部 国立文楽劇場 大ホール

2016.11.3(木)第1&2部 国立文楽劇場 大ホール

広告を非表示にする

国立劇場開場50周年記念 通し狂言 仮名手本忠臣蔵【第一部】

12月は東京で仮名手本忠臣蔵の通しを文楽でやるのねー。みんなありったけのコネクションを使ってチケット確保したかい?発売前からチケットすでにないと噂の12月。コネない人どうするんだろうね。

それはさておき12月の文楽の予習のために歌舞伎の仮名手本忠臣蔵観ておくかーと思って行って参りました。

結果意外と面白いよ仮名手本忠臣蔵。3ヶ月通して行きたくなるねコレ。

役者の顔ぶれ見て10月は期待してなかったんだけど梅玉さんの塩谷判官、扇雀さんの勘平、錦之助さんの若狭之助などメンズたちが良かったー。米吉さんの小浪、高麗蔵さんのおかるも良かったー。あれ…全員良いんじゃん…。

負けるなよ、文楽

 

以下便所の落書き垂れ流し

・口上人形の演出初めて見た。文楽人形寄りかと思ったらプーク人形劇場寄りだった。

・大序はまぁ場面としての必要性はあるけど面白くはない。

・小浪かわいいよ小浪。

・唯一文句があるなら松の間刃傷の場で緊張感があまり伝わってこなかったこと。演技は良かったんだけどな。演出が悪いのかなー(謎)。文楽で確認したい。

・人生初の通さん場!四段目!ここは逆に緊張感すごかった。こりゃ通しちゃあかん!

・判官の切腹の場面、いろいろと様式美だなぁ(みつお)と思わせる美しい切腹シーンだったんだけどそもそも切腹自体がそういうものなのか。畳二畳を裏返しに置いて白い布敷いて四隅に榊みたいな葉を置いて…とか死装束時の肩衣の脱ぎ方とか家臣は裸足とか…。調べたら楽しそうだけど。

ラマンチャは相変わらずのラマンチャだったけどいいラマンチャだった(つーか登場場面短いからよかったね疑惑)。

文楽の配役表片手に「あーこの役○○さんかー」とか「この場面○○太夫なの楽しみ」とか思いながら見るのたのすぃー。

・東太夫さんと長一郎さんよかったです。マブい浄瑠璃でした。二人の素浄瑠璃聞きたい。(歌舞伎の竹本はそういうことしないんですかね)

 

以上。11月12月歌舞伎&12月文楽が俄然楽しみになる素敵な舞台でござったぁぁ!

f:id:idontneedlovesongs:20161023183932j:image国立劇場の1-3階全部一気見できる構造好き。

 

2016.10.23(日) 国立劇場 大劇場

義太夫節研鑽会 「若手素浄瑠璃の会」

喜一朗さん龍爾さんが立ち上げた勉強会の第1回公演。

これからの会のためまず運営について言及したい。

・予約手段が電話のみとはこれいかに。予約のしづらさは機会損失。

・開演時刻。18時って…。自分たちの最大顧客である年寄りだけに手厚いってまるで自民党政治みたいなことするな。若手会ならば尚更若い客=現役の勤め人も狙っていかないと。そうしたら開演は19時。譲って18時半。

・なぜ上演中にテメーんとこのガキの声を金払って聞かされなきゃいけないのかな?素浄瑠璃は音の芸能。運営側のプロ意識が低い。それが持てないのなら無料か投げ銭でやれ。

・足の悪い高齢の方が相当辛そうだった花園神社の社務所、次回は場所を変えたほうが…。

とまぁ想定内の不満の中、若手素浄瑠璃の会。

 

生写朝顔話  

明石浦船別れの段

小住太夫と龍爾さんとツレ弾きで燕二郎さん。

小住さんはダメな時は文字久太夫にそっくりになります。文字久さん風だけど経験値だけ小住さんのまま。いやーキツかった。途中から「帰りたい……」てそればっか考えてた。睦さんと喜一朗さんが続くから帰らないけど。本当に住太夫師匠に稽古つけてもらったのかなー?

龍爾さんは安心して聴けた。けど若手会なんだしもっとチャレンジしてほしかったなーと。もっとができる人だと思います。

 宿屋の段より大井川の段

睦さんは出来不出来かなり幅のある人なので毎回声を出すまではどっちか不安なんだけど今日はいい方の睦さんでした。

さっきの客阿曽次郎マジ?となってから以降の睦さんエロかったです。最高です。夏休み公演の団七以来の久々のエロ睦きました。素浄瑠璃の会行って毎回思うのですが太夫三味線は45分すぎた辺りからみんなエロくなるねやばいね。

あと今回、睦さんって落語家みたいに上下振って語るという癖を発見。頭の中に場面を映像化させて語ってるんだろうね。こういう発見楽しい。

喜一朗さんも普段さらっとこなしてさらっと終わる人って印象だったので途中からめっちゃキツそうに演奏してる喜一朗さんにびっくりした。喜一朗さんの三味線こんなにじっくり聴くの初めてだったのですがすっごく太夫の語りを聴いてるひとだなーと。いい女房感すごかったです。

燕二郎さんも懸命に頑張ってたよ。今回先輩方が自分のことでいっぱいだからフォローとか全然なくて燕二郎の経験値のなさが丸裸で、普段の公演はみんなに守られてんだなー燕二郎さんと思ったり。

終演後、喜一朗さんが挨拶。

今回の研鑽会結成の経緯を話してくれました。

本公演で一段ものを半分に切ることが太夫の身にもならない。自分たちの身にもならない。

一段通してやるためには太夫は太夫の段取り三味線三味線の段取りがある。どこかを端折らなければ、走らなければ「たっぷり」できない。それを繰り返して盛り上げていく。その「段取り」を身につける。

半分に切ってしまうとその中で見せ場を作ろうとして長くなってしまう。悪循環。
そして師匠の高齢化もあり稽古の機会を積極的に作っていきたい(今回も嶋太夫師匠、住太夫師匠にお稽古つけていただいた)。

お見送りしている喜一朗さん龍爾さんはきっと称賛の言葉ばかり掛けられたと思うけど、お客様誰一人嘘のない本当の気持ちを言ってると思うよ。

喜一朗さんと龍爾さんの熱い思いに感動しながら第2回目も絶対に行こうと心に誓って花園神社を去りました。f:id:idontneedlovesongs:20161022092201j:image↑終演後ダッシュして舞台をカシャ。見台ってフォトジェニックやね。

 

2016.10.19(水) 花園神社 社務所

 

 

にっぽん文楽 in 浅草観音

六本木ヒルズアリーナに続いて東京2発目浅草寺本堂の裏でにっぽん文楽

結果、六本木>>>>>>>>>>>>>>>>浅草

この違いは運営の人たちの気持ちの気がしてならない。

六本木の時は「一生懸命さ」、浅草は「いやらしさ」

日本財団の会長関係者がいらしてたらしいんだけど、その気品ある方たちのために押さえられた席が最前列。はいはいはい、運営の人たちVIPの扱い方一から勉強しなおそうねー。がんばっておべんきょうしてくだちゃいねー。国立劇場にでも聞いてみだらどうでちゅかー。まぁ向こうは国賓レベルだけどなっ。

六本木のときに会場を包んでいた檜の香りも一切なく、なんだかお客様も六本木のときのほうが面白い人が来てたなー。なんのジャンルでも見つかっちゃう前と見つかった後では客の質の落ちちゃうんですけどね。

勃起不全感パネェ親父の不毛な挨拶のあとで本日の夜の部スタート。

 五条橋

マイクを通した床の音ってやはりキツイ。人形のほうを見ても普段と違う環境に悪戦苦闘する照明さんの空回りすごくて舞台が見づらい。

そして環境を補完するようなキャリアがない若手の演者たちがやってるもんだからなお一層酷い舞台。五条橋は観なくてもいいかもね。

唯一良かったのは玉佳さん。2015年の咲くやこの花文楽で玉佳さんの弁慶主遣い童貞の筆下ろし公演に行った時は目も当てられないドタバタ弁慶で見てるこっちが嫌な汗かく状況だった。2016年10月の玉佳弁慶は玉佳さんらしさが出ていてなかなかでした。経験大事!見守る心大事!

(16日夜の部、外をお散歩していた犬が聞こえてくる三味線に合わせてワンワン歌ってたよ。かわええええ。)

 

壷坂観音霊験記 山の段

まず床を聞いて思ったのが「上手い人はマイクを通しても良い」ってこと。五条橋の時はマイクを通すと辛いなーと思ったけど靖さんと富助さんだと耳に不快感がない。そーゆーことか…。ただ音量がちょっと大きすぎるかなー。六本木と違って浅草静かだし。

人形は和生さん良かった。普段より視界の開けたところで見る和生さん、なんか品が際立ってた。舞台の上に輝く本物の月がまるで舞台の一部みたいで素敵。色々な意味で夜の部がオススメです)

あとストーリーに異質感あるなと思ったらこの話明治に書かれたものなのね。納得。登場人物の価値観が普段見ているものと違う。

 

舞台終わってカーテンコール。目に飛び込むのはやはりアイドルオーラ全開の玉佳さんの愛くるしい笑顔。こーゆー時はイケメンに目がいくんじゃない。選ばれし者にのみ与えられたアイドルオーラを持つ人。

 

まだまだ改善の余地ありなにっぽん文楽

建物の周りにはたくさん観光客が集まってたしチケットについて問い合せてた。だけど完売だから文楽を見ることができない。とりこぼしもったいないなと思ったけどこのイベントがそこを狙ってるのか中で観劇してる人を囲いたいのか。どっちつかずの立ち位置から考え直していただきたい。

f:id:idontneedlovesongs:20161015224529j:image

2016.10.15(土)夜の部 浅草寺

2016.10.16(日)夜の部 浅草寺

寛永寺奉納素浄瑠璃

日曜日に最高の床を聞かされて以降耳があの音を忘れられず、チケット買っておいた俺GJ!愛してる俺!と自分自身を褒めながら向かうよ寛永寺。この会なかったら確実に月曜日の静岡行っちゃってたねマイメン。

ついちゃっTA・YO・NE 寛永寺

中に入ると…うーん、観客60-74歳って感じかな。寛太郎の会よりは若かった。

8割弱くらいの客入り。

客電落ちた。三人が上手から入場。三味線が鳴った。

やはり床が正面だとからだへの言葉の入り方&音の染み込み方がめっちゃいいんだよなー。太夫さんの言葉も素浄瑠璃の会だと床本読まなくてもわかるんだよね。正直普段の文楽座の舞台も床に体向けて鑑賞したい。。。状況が許さないからやらないけども。

今舞台にちゃんと立てる太夫で最高峰の語りを聞かせるのは津駒太夫さんだし、藤蔵さんは中堅たちの中一歩抜きに出てるしこれからを確実に背負う人、寛太郎さんも他の20-30代の若手の中でトップだと思う。

そんな三人の舞台だもの間違いはございません。特に書くことはない。良いに決まってます。

大阪でも似た内容の会をなされたようだが、絶対今のタイミングで聴けた東京のほうが幸せな時間を過ごせたと思う。ごめん大阪。

鳴りやまない拍手。見てるこっちがとろけてしまうような満面の笑みの三人。その幸せな空間たるや。

またの開催を期待しています。

 

f:id:idontneedlovesongs:20161012213205j:image

2016.10.12 (水) 寛永寺 輪王殿 第一会場

広告を非表示にする

平成二十八年十月 文楽 地方公演

秋巡業だよ2016。

地方公演何回も行ってるけど、今回は本公演に匹敵するくらいなかなか充実した内容と出来だったと思います。まぁ巡業メンバー今回良いしね。

さらに配役が気持ちいいくらいバチっとハマってた。9月本公演の苛立ち解消。

特に夜の部最高すぎた!のに客入り6割で悲しい。地方公演って演目のメジャー度が高い方にどうしてもお客様が行ってしまうんだけど、何故か大抵地味な方が面白いし出来もいい。何故か。

『近頃河原の達引』って作者不明らしいけどと本当にいい本だと思う。ストーリーもいいし、浄瑠璃もしっかり聞かせどころがあってかつ曲がいい。

特に猿廻しの段のは登場人物みんなが優しい。

心中を覚悟しているふたりに「心中の覚悟は受け入れたけど、生き延びることを最後まであきらめないでほしい」という母の台詞に号泣メーーン。古い話は「覚悟の死、GJ !!!!!」的展開多くて基本好かない。

本公演でも見たい…けどナショナルシアター案件になった途端、猿廻しの段とか前・後とか切ってけつかるんだろうな~。マジ死ね氏。

 

以下、便所の落書き垂れ流し。

 

昼の部ーーー妹背山婦女庭訓

杉酒屋の段

・肩衣素敵ー。あんまりギラギラ系肩衣好きじゃないけど見台と肩衣と清介さんの頭のコーディネート完璧!

・やっぱお三輪ちゃんは勘十郎さんじゃないとねー!!!!!(若手会の簑紫郎が酷すぎた件で心の傷ものすごいので勘十郎さんで癒さないとなので今後も4649)
・紋秀さんの子太郎、動きはちゃんとコミカルなんだけど紋秀さんの顔でマッチョ味が出てしまい笑えないの。そんな紋秀さんが好きだけどねっ。

道行恋苧環

・えええー主遣い肩衣つけてねぇぇぇぇぇ!

・呂勢さんは嫉妬に狂う女をやらせたら最高。故にお三輪ちゃん最高。金殿の段のお三輪ちゃんまで呂勢さんでお願いしたかった。

・三味線部の面子が清治清志郎寛太郎清公ってこれ良すぎでしょ。

・文字久さんは夜の部に期待。ひ(↑)る(↓)の部がイマイチとか残念です。(出典:金壺親父恋達引)

・清十郎さん苧環回すのめっちゃ上手い。

姫戻りの段

・豆腐の御用を遣う幸助さんの顔、ファンの人は見ちゃダメ!絶対!

金殿の段

・ハイパーお昼寝タイムだった。あちこちでスヤァ。(勘十郎さんもスヤってた)

・帰りのお客様の会話に聞き耳立てたら「寝ちゃった」「寝ちゃった」「最後の段微妙」「寝ちゃった」しか聞こえなかった。

・この4段だけだと鱶七の存在がポカーンですね。

 

f:id:idontneedlovesongs:20161009195411j:image↑昼の部のお園ちゃん

 

夜の部ーーー近頃河原の達引

四条河原の段

・おっ!清志郎さんいいね!

・文字久さん昼より良かったけど文字久はもっと出来る子。

・清十郎さん昼の部の求馬の三千倍いい!相当いい!だけど足遣いの人があかーーん!もったいない…。

・幸助さんも男前に戻ってた。

堀川猿廻しの段

・床最高。津駒最高。藤蔵抱かせろ。寛太郎最高。

・人形最高。勘十郎勘彌簑一郎清十郎勘次郎全員いいよ。敢えて言うならお猿は勘市さんで見たかった。

・亘太夫さん解説だけなのかショボーン(´・ω・`)って思ってたら「鳥辺山」歌ってるの亘さんだー。ってか彼美声ですね(今更)。解説も普段見られないかわいい笑顔つきで好感度高かったZE!!(でも普段の豆食い時に眠いときにめっちゃ目力いれて深い二重になってる顔も好きだZEE!!!)

 

f:id:idontneedlovesongs:20161009205132j:image↑夜の部。「募金ありがとなー」からの確認お園ちゃん

 

2016.10.09(日) 神奈川県立青少年センター

 

伝統文化「文楽」に親しむ めぐろパーシモンホール

いわゆる一つの啓蒙活動イベント。

大体太夫&三味線&人形解説&人間体験&ミニ公演というのが一般的でこれもそんな感じ。

んで文楽常連さんたちが行く場合はわかりきった内容なので、担当する技芸員さんによる違いとか楽しんだりしてます。

今回は靖太夫&清丈&簑紫郎が担当。

靖太夫さんは本公演での解説もやってるけどまぁ真面目。だけど今回清丈さんとのコンビでなんか優しさ溢れてる。靖太夫さんのこんな可愛い笑顔見たことなかった。靖太夫、かわいいよ靖太夫ェ。靖太夫さんと清丈さんの掛け合い超楽しい。そのあとの三味線解説では安定のストーキングネタ(婚約したver.初めて聞けた)

そんな爆笑の後は簑紫郎さんの人形解説。左手は勘次郎さん足は勘介さん。周りにいた文楽初心者の方々は顔を真っ赤にして懸命に遣ってる勘介さんに「本当大変そうね」と言ってる。文楽何回も見てますが人形解説のときは初心者の方々と同じ感想。本当足の大変さすごいよね。本公演の演目ではどんだけヘロヘロになるんだろう。

体験の後は休憩&ミニ公演。

ミニ公演のとき「伊達娘恋緋鹿子~火の見櫓の段」やりがちなんだけど、少人数で演れる&見た目に派手だから選びやすい演目なんだろうけど、太夫の声が鳴り物にかき消されちゃって耳に凄いわちゃわちゃする。人形もまぁ見た目に派手だけど人形本来の美し動きやかっこいい型を見せられる演目の方が「また見てみたい」に繋がる気がする。ので関係各位再考よろしく。

公演が終わった後はロビーにお人形さん出てきてくれた。人形と写真を撮る人も沢山いたけど文楽初心者の方が結構勘次郎さんや勘介さんに熱心に質問していて、初心者向け公演は技芸員さんがロビーに出て行くのいいとてもいい。太夫や三味線さんが出て行くのもアリかもね。

f:id:idontneedlovesongs:20160925223133j:image

↑お人形さんって綺麗だよね。

 

あーこれが終わって本格的に文楽が大阪に帰っちゃった感。また12月〜。

 

2016.09.23(金) めぐろパーシモンホール 小ホール