毎日下痢気味-大幸薬品と芸能と私-

LL COOL J太郎 (a.k.a 三代目 J SOUL 魚武濱田成夫)

11月文楽公演

いやー今回の遠征もきつかったよ。八陣守護城と紅葉狩は見なくてもいいヤツね、これ。

内容が面白くないのもあるけど床でソロ活できる段が6段ぽっきりとかマジで文楽劇場文楽の未来潰しにかかってる。ほんとは歌舞伎を掛けたいんですねわかりました(怒怒怒)。死ね!死んでくれ!

鑓の権三に関してはワイ先日燕三さんのレクチャー受けてたから面白く見れたよ。しかし夏祭浪花鑑然り、盆踊り中に人が殺されるのってどうしてこんなにブチ上がるんだろうね。盆踊りやべいな。

第1部

八陣守護城

浪花入江の段

・ほんと師弟が床に並ぶのときめく(錦糸&錦吾)

・忍びが鞍馬天狗風味。

・大笑いしながら回って消える靖太夫。

・碩太夫が舞台袖で唄う船唄が上手すぎて最早歌い手さんに転職してもやってけるんじゃないかレベル。

・空の色があんまり綺麗じゃないしこの段の舞台好きじゃない。

主計之介早討の段

・咲甫太夫は前回もこの段語ってたようなので余裕の語りなんだけど面白みがないんだよなぁ…襲名の準備で忙しいんだろうし新しい話稽古してる暇なんてないのよねわかります。

・持ってきた見舞いの品を投げ渡す灘右衛門。失礼じゃね?

正清本城の段

・正清の死にかけ感が表現できてていいんじゃないの?呂太夫のウィスパー義太夫^ ^

・三味線が聞き応えある曲だったので眠くはならず。

・忍者ってネズミ🐭に変身できるのまじか!

・烏帽子型の兜を取った時の正清の髪型が光ファイバー(⬇︎)わかるよ俺もビーニー脱ぐと髪の毛ぺたーなるよわかるよ。

f:id:idontneedlovesongs:20171105170256j:image

鑓の権三重帷子

浜の宮馬場の段

・うっま、まさかの2D。

・始さんの権三の鑓が似合いそう感。

・落馬した後の伴之丞の可愛さ(お大事に)。

浅香市之進留守宅の段

・寛治さんのお座布団、寛太郎さんが曲弾きした時使ってたやつだー!

・津駒さんの幼女〜少女ほんと可愛いよねー。意地悪ジジイ&ババアも絶品だけど。

・留守宅〜数寄屋まででほんとは1段らしいよ。

・角助と虎次郎が引っ込む時に手を繋いでるのにきゃっとなりお菊ちゃんの髪を整えるおさゐに萌えたりBL&百合トキメキに大忙し。俺が。

・女は髪型で変わるってノリノリ紀香も言ってたよ!飯炊きお杉ちゃん!

・いやいやいやいや、おさゐ完全に権三とヤリたがってんじゃん(鑓の権三だけに)。

数寄屋の段

・やっぱどう考えてもおさゐ完全に権三とヤリたがってんじゃん(鑓の権三だけに)。

・アタイが男ならおさゐみたいなヒステリックになる女は後々面倒くさそうだから手を出さないねっ!

・忍び込む伴之丞きゃわわ(玉輝さん大変そうだけど)。

・咲太夫の白湯を片付けに咲甫さんが出てきてびっくりした。咲寿さん次の段語るもんね。

伏見京橋妻敵討の段

・清治さんを筆頭にした三味線部の方々の音がピリリとしててとてもかっこいい!全く期待してなかったから余計かもだけど。

・咲寿太夫さんが高音めっちゃ頑張ってた。

・おさゐの浴衣めっっちゃ素敵。それどこのメルカリ?

・権三が討たれた後おさゐの死体に重なる感じとか絶対に二人愛し合ってるでしょと思わせる。(だけど丸本でも姦通したとは一言も書かれてはいないしあくまでも誤解とのこと)

 

蛇足:その他燕三さんのレクチャーで知ったことの一部⬇︎

・史実では権三とおさゐはヤッてる(鑓の権三だけに)。かつ妊娠までしてる。

・市井の人々の間で愚連隊の笹野権三(ごんぞう)って人が伊達男として人気があってその人を主人公にあてがった。

・鑓の権三なのに最後まで鑓使わないよね。

・鑓の権三重帷子はメリヤス3箇所出てくるよ気にかけてね♡

 

第2部

心中宵庚申

上田村の段

・二日目、み、簑助さんが簑二郎さんに途中交代。まじかー。ショック。(初日はフルで遣われていました)

・前も簑助さん初日だけスペシャルバージョンお届けしてたことがあるので簑助ファンは公演初日に行った方がいいよ。

・簑助師匠の人形、顎が終始上がっちゃっててやはりもう限界超えてるよね…。辛い。

・文字久さんは中日すぎたらめっちゃ良くなりそうな気がする。

・初日は住太夫師匠が劇場に。まぁお元気そう。ただ現役の頃より小さくなられた感(隣に小住さんがいたからかもだけど)。そして文字久さんこの後めっちゃ怒られてんだろうな…と。

・藤蔵さんいつもより控え目。だけどおばちゃんはこっちの方が好きやで。初日ちょっと変な音させてたけど藤蔵さんも後半で調子上げてくる気がする期待。

・病気の人って布団くるくるくるーってやって寄っかかってるの謎と思ってだけどあれソファー的な役割ってこと?

・門火を焚いたり「灰になっても帰ってくるな」発言とか全てお千代ちゃんのことを思ってなのに後にお千代ちゃんを追い詰める要因になってるの辛い。

平家物語とか持ち出されても読んだことないし知らんし。

八百屋の段

・今の文楽座には千歳さんが5人必要。

・伊左衛門とか何してんの役立たず。

・家に帰ったお千代ちゃんの「もう!私がいないと家の中が荒れてる!私がいないとダメねふふ♡」的振る舞いにちょっとイラッ。

道行思ひの短夜

・靖太夫座ってる必要ある?(無駄遣いしないで)

・團七さん相変わらず良くわからん。

・この段の半兵衛&お千代の着物かわええ👘

文楽見ると正しいハラキリのやり方がわかるよね。三島由紀夫も参考にしたかもね。

 ・泣いて人が結構いてええええーってなった。何故泣ける。 

・新聞に「半兵衛が事切れるまでお千代の人形を持ち続ける」って勘十郎さん言ってだけど、そのこだわり逆効果で全く良くない。

紅葉狩 

・呂勢さんの見台が相変わらず素敵。

・なのに裃が紅葉感なくてなんだかなー。呂勢さんに選ばせてあげて。

・その毛氈、さっき心中で使ったヤツだよね絶対。

・たったひとつ清十郎さんに足りないもの。それは勘十郎さんレベルのドヤっと感です!衣装に負けてしまってます!ドヤって!

・山神もカッコよかったけどいつか紋臣さんの更科姫が見たいです。

f:id:idontneedlovesongs:20171105010351j:image

(俺の中の)世間で話題沸騰中の文楽女子フリーペーパーを華麗におゲット。文楽BBA(沼編)ってフリーペーパーならいつでも取材受けるよきゃぴっ♡

広告を非表示にする

平成29年10月邦楽公演 文楽素浄瑠璃の会

東京国際映画祭のチケットが土日の午前&午後の4回に分けて発売といううんこちゃんスタイルになったためにっぽん文楽にも行けずで、すっかり文楽熱が冷めてる状況での素浄瑠璃の会。

大阪の素浄瑠璃の会の方が俄然良かった。5億倍良かった。ちょっと無理してでも遠征しといて良かった。行く前から知ってたけどな!(メンツ見りゃわかる)

 

奥州安達原 袖萩祭文の段

・呂太夫は安定のウィスパー義太夫

・そんな太夫を清介さんが三味線でサポートしてるのがとてもわかりやすかった瞬間があって感動した。

・清介さんの三味線って本来もっと大きくて華やかだと思うので呂さんには清介さんを解放してほしいホント。

・呂さんもそれなりに頑張ってたよ。汗もかいてたし。

楠昔噺 碪拍子の段

・咲太夫が更に痩せていてギョッとした。語りはまぁここ最近の咲さんって感じで安心したけど。

・もう二度と見たくない楠昔噺の中で唯一好きな段だけど、素浄瑠璃でかけるような曲かなぁ?

・客席笑かすの咲さん相変わらず上手い。

・咲さんって声色を変えないのにちゃんと人物の語り分けができてるんだよねー。不思議。

・燕三さんの色気というか艶な。

・燕三さんの髪型がヘドウィグ アンド アングリーインチみのある髪型。ジョン キャメロン ミッチェル来日記念か?

・袖からツレ弾きで燕二郎さんのお姿がーーー!想定してなかったのでブチ上がる。お姿見える席でほんとよかった。

傾城恋飛脚 新口村の段

・幕が上がって千歳さんを包む空気が今までの千歳さんとなんか違ってて風格を感じる。なんだあれ?

・千歳スプラッシュが全然スプラッシュしてなかった。

・富助さんはいつも通り。カッコいい。三味線が。

・千歳富助、大阪の方が全然良かったんだよなー。低気圧のせい?

 

 

なんか実りもなくて、文楽女子ことワイ将(職業はモデル、主食はマカロンだお♡)でもちょっと「映画行っときゃ良かった…」と思った会でした。

まぁでもしかし、本公演でも一人一人をこのくらいたっぷりの尺で聴きたいものですな。(中の人曰く、こちらも企画側も一段ひとりで語ってもらいたいんだけど語れる太夫さんがほんといないんですって)

f:id:idontneedlovesongs:20171022103328j:image

パンフレットはトキオーの勝ち。

2017/10/21(土) 国立劇場 小劇場

広告を非表示にする

平成二十九年 十月 地方公演

神奈川県立青少年センターへ向かう心臓破りの坂毎回辛い。横浜能楽堂行く時も同じ道で辛い。伝統芸能への愛を試されてるよねこれ。

 

昼夜心中ものでしたが桂川はエネルギー大放出「心中するぜ!ヒーッハッ!」ってな感じで(お半ちゃんだけ)、道行の場面も「これから青姦ですかお盛んですな^ ^」と勘違いしそうなんだけど、曽根崎の方は「両親には感謝しかない(;ω;)ううっ」って運命仕方なしの心中で見比べ意外と楽しかったです。

 

昼の部

解説

昼の部の解説担当は亘太夫さん。演者、スタッフ&お客様全てに感謝のUSAスタイルのご挨拶で〆る。

桂川連理柵

六角堂の段

・清馗さん隣に座るお兄さんより10才以上年上に見えるよ…。

帯屋の段

・呂勢さんのチャリ場、横浜の人はめっちゃ笑ってたよ!

人間国宝の三味線弾きを贅沢に使い過ぎじゃね?

・呂勢さんセレクトの肩衣が若々しい柄すぎて清治さんにはちと辛い。

・後半の呂さんの時にまたスヤッとスイッチがONになってしまい隣のおじいさんが見づらかった模様。ごめんね。でもあのおじいちゃんの声が小さいのが悪いんだよ。

・儀兵衛の動きが萩の祐仙そのものだったんだけど、両方とも足遣ってるの勘介さんじゃね?(推測)

・幸助さんの儀兵衛と清五郎さんの長吉、案外ハマり役。

・横浜の客層が好きなんだけど、チャリ場でみんな素直にキャッキャ笑ってて今年も好感。

道行朧の桂川

・咲甫さんと芳穂さんどちらも美声で相性がいい。

・配役見たときは咲甫さんと芳穂さん逆の方が良くない?と思ったけど思いの外しっくりきてた。

・藤蔵さんのハイカロリー三味線がこの曲と場面に合ってる。

・ワイ最近藤蔵さんの唸りに合わせて息を止める癖がついてしまった模様で苦しい。

 

夜の部

解説

希先生の解説、今回すごいわかりやすかった。俺も観客も「へぇー」と声出して納得してた。

文楽が誕生したのは生類憐みの令が発令された頃と一緒とか、曽根崎心中が初演されたのは松尾芭蕉奥の細道発表したのと同時期とか(調べたら両方とも1年違いだった)、腑に落ちる解説でめっちゃ良かった。希先生頭良さそうだもんな…。でも希先生の一番好きなところは解説中一人一人の顔を確認するかのように丁寧に観客を見回してお話しするところですよ大好き。

曽根崎心中

生玉社前の段

・文字久さんやっぱいい声してるわ。

・この段のお初見てると普段は普通の19才の女の子なんだよな…とこの子の運命に悲しくなる。多分ここが勘十郎さんの上手さだと思う。

・普段より照明にとろみかあって、場面にエロさがあった。 

天満屋の段

・津駒さんの語り、九平次にがっつりハマり過ぎて他の人物がイマイチに感じてしまう。

・團七さんの三味線のたわみ、わかる人にはわかるんだろうけど私には全然わからない。早く理解できるように今後も修業積みます頑張る。

文楽友だちと話すんだけど、天満屋の段の舞台と衣装と照明諸々最高ですよね。

天神森の段

・床が予想以上に弱く、全部勘十郎さんと清十郎さんが持っていった。

・悪くはないんだよ…弱いんだよ…メンツいいのに。

f:id:idontneedlovesongs:20171008205010j:image

 

横浜のFB&インスタ映えコーナー、昼は勘次郎さん&勘昇さん、夜は簑紫郎さん&勘介さんー。

今回からお園ちゃん→深雪ちゃん、NEWアイテム座布団、東日本大震災の募金箱の撤去とか色々リニューアル。

しょうがないけど、勘次郎さんと簑紫郎さんではお写真撮る時の動きも全然違ってて感心した。(この写真でもわかるけど肩と首と手と腰の角度な)夜の部のお客さんラッキー。

簑紫郎さんが巡業のメンバーなのに主遣いじゃないとかこれも贅沢じゃね?

 

ビール飲みながらこのブログをtypeしてるんだけど隣の席に技芸員さんが偶然やってきてツラミ。

 

2017/10/08(日) 神奈川県立青少年センターホール

広告を非表示にする

中之島文楽

最初の発表で「三輪太夫、清友」ってババーンと発表されて、しかも大好きな逆櫓の段とか!ってなって勢いでチケット買ってみたものの、三輪さんと清友さんか冥途の飛脚の道行のみの出演と後で発表となり「行く意味ェ…」ってなったけど、結果満足してトキオー帰りましたよ良かったね。

友だちと美味しいもの食べて、今のところ日本でエキスポシティでしか見れない次世代ムービーIMAXで変態ノーラン監督のダンケルク体感してくるって別のオタ活も合わせての満足だけど。

中之島文楽は第1回を見に行ってたので音響の悪さ見づらさなどは想定内。

初心者の方も多くて会の趣旨に合った集客できてるからいい会だと思う。たまたま文楽やってたからと中央公会堂目当ての観光客が当日券買ってたし実際。 にっぽん文楽もこんな風に運営できるといいんだけどね。

 

第一部 文楽ビギナーに贈る 文楽入門トーク

司会 桂吉坊さん & ゲスト 未知やすえさん

わい、トキオーにしか住んだことないので未知やすえさん今回初めて知りました。全身MARNIっぽい素敵コーディネートの綺麗なおばさん。この人が新喜劇とかでお笑いするんだ、ふーん。

吉坊さんは安定の伝統芸能オタっぷりで安心。

ゆかりの地をパワポで紹介してくれたんだけど、こーゆーの知ると大坂住んでる人がたちが当たり前に感覚でわかることがわからない自分が悔しい。しょうがないけど。

そして素人人形体験コーナー、和登さんが足に入ってワイブチ上がり。1年目って本当に足遣えないんですね。ほんとひどかった。これが修業を積んで諸先輩方のような素敵な人形遣いさんになるんだと思うとおばちゃん涙が…。

 

第二部 文楽上演

冥途の飛脚 道行相合かご

・イマイチだったよわーい\(^o^)/

・あー、三輪さんの素浄瑠璃の会どっかでやらないかなぁ…。

・箱の影響か猫の皮と犬の皮の三味線の音の違いが鮮明でした。

・ワイ的には清友さんと友之助さんの師弟が並ぶ姿が見どころだったのでその点は満足。素敵な師匠につけてよかったね、友之助さん。

・簑二郎さんと玉佳さんだったから人形もちょっぴり期待してたんだけどなー。

・そもそもあの狭い舞台の幅で道行上演ってのもね。 

・玉彦さんがなんかキョロってて玉也さんにチクるぞゴルァ。

ひらがな盛衰記 逆櫓の段

・床がめっちゃよかったよ!!!!!!遠征費元取れた!

・睦さん相変わらず喉の弱さはちょっと気になったけどそれを活かした語りしてて久々いい睦さん。

・ワイが本格的に床側人間になったきっかけは宗助さんの逆櫓のどえらいカッコイイ三味線(地方公演で芳穂さんと演ってた)だったのでまた聴けて胸熱。

・イベント系でヤル気を一切見せないことでおなじみ玉男さんですが、今回はちょっとマシだった。

・そして特記すべきは左の玉佳さんと足の玉路さんがどえらいよかった。兼光が型を決める度、その姿が美しくてときめく。

 

中之島文楽お楽しみのお見送りは紋吉さんと玉誉さんでしたー。

f:id:idontneedlovesongs:20171007114430j:image

メンツが良かったらまた行ってもいいかな、中之島文楽

2017/09/30(土) 中之島公会堂 大集会室

広告を非表示にする